夏休みと鬼百合

  • 2017.08.19 Saturday
  • 11:52

夏休みと鬼百合

 

 

懐かしいような、超苦いような、近くから薄ら笑いが聞こえるような

毎年小学生だった自分を思い出すのです。

 

夏休みの宿題の定番「図画」

苦手意識はなく、どちらかというと好きな宿題の類。正解のない宿題だから。

 

これが毎年恒例のように母の逆鱗に触れる。

 

夕方仕事から帰ってきて「ほっ」とさせる間を即座に奪い、

相当なイラつき(笑)

 

テーマは「植物」だったのか、始業式には庭先のバラや、紫陽花、

向日葵、朝顔の絵をもってきている子が多かったかな。

 

私は、家の前に咲いていた鬼百合を描きました。

ドギツイオレンジ色に黒のブツブツ。

インパクト勝負でしょ!

 

 

本来100cm〜200cm位の背丈の鬼百合を

たんぽぽ程の背丈で描き、遠近法なしの皆同じ大きさと色使い。

 

鬼百合の花言葉

賢者、飾らぬ美、華麗、荘厳、富と誇り、陽気、純潔、嫌悪

 

 

 

翌年描いたのは葉ボタン。

 

「キャベツ書いてどうするの!?」母。

父はうまい!と笑っていました。

 

 

葉ぼたんの花言葉

「利益」「慈愛」「祝福」「愛を包む」「物事に動じない

 

夏休みの度に打たれて打たれて強くなっていきました(笑)

 

今でも鬼百合、葉ボタンを見ると小学生だった自分がひょっこり出てくるのです。

 

夏休みもあと少し!!子供たち、ママたち、頑張ってね!

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM